気象予報士の仕事

気象に関するエキスパート、気象予報士の仕事とは?

気象に関するエキスパートとして、気象予報を行う仕事をしているのが、気象予報士です。
いわゆる天気予報を行える方の事で、日々の雲の動きや観測データ、衛星データなど、各種様々なデータを下に、天気を予報していく仕事になります。
週間天気予報や明日の天気などをテレビで発表している気象予報士を始め、気象庁に勤めて気象に関して更なる研究を進めるという方、一般企業で気象予報士の知識を生かす方まで、働き方は人それぞれです。

気象予報士によって天気予報が異なるのは、このデータの読み間違い、解釈の違いが上げられます。
こまめに最新データをチェックして居るかどうかによっても、気象予報は大きく異なりますので、同じ気象予報士でも、次の日の天気予報が変わるという事もあるのです。

気象予報士はあくまで気象を予報する人ですので、絶対ではありません。
ですが、あらゆる気象に関する知識を持っており、適当では無く、有る程度の根拠の下に、気象を予報していきます。

その時々に合わせて色々な予想を立てていく

気象予報士はその時々の情報に合わせて、色々な予想を立てる必要があります。
低気圧と高気圧の近寄り方、風速、各種気象庁から発表されるデータを下に、様々な予報を立てていくのです。
余程偏った気象データでは無い限り、気象データを見誤る、解釈の違いが出てくる事もありますので、人によって天気予報が変わるという事もあるでしょう。

一つ一つの可能性を考えて、様々な仮説を立てていくことも、気象予報士の必要なスキルになります。
有る程度の予報を立てた上で、更にその後のデータをこまめにチェックし、情報を更新していく事で、より正確な天気をチェックする事が可能です。
この確認タイミングは、気象予報士によっても異なりますので、その点も天気予報の変わる理由の1つと言えるでしょう。

国家資格取得が必要な、難易度高い資格です

気象予報士は、様々なデータを読み解くことはもちろん、そもそもデータを読み解く方法をきちんと理解しておかないと、全く何も読み取ることが出来ません。
少し勉強しただけでは複雑怪奇なデータを読み取ることは勿論、読み取った後、データを統計して、どの様な天気になるかどうかを算出することが出来ないので、非常に高度な知識が必要になります。
その為気象予報士として働く為には、国家資格取得が必要です。

気象予報士の国家資格は非常に難易度が高く、例年合格率5%程度とされています。
独学で勉強をすると言う方もいますが、その試験の難易度を考えると、大学で各種地形化学や広域理学などを学んでいた方が、勉強をしやすいと言えるでしょう。