業界別!就活でアピールできる資格

資格

就職することを考えると、何か資格があったほうがいいかと思うことも多いはずです。

実際に選考基準ということで考えた場合、資格は能力の最低限の担保となりますので、その資格について勉強し、合格ラインまでの知識を有していると判断することができます。
その反面で、そのレベルまでの能力の担保であり、そこから経験などの付加価値を付けることで生きるということも忘れてはいけません。

つまり、資格は持っているだけでは意味がありませんので、持っている資格をどうやってアピールすればうまく自己PRできるのか、そのポイントをそれぞれの業界について見ていきます。

金融系

就活で活かすことができる資格は、対象企業によって異なります。

金融業界の会計分野であれば、普遍的な資格として簿記やFP、販売士があるでしょう。
簿記にもいろいろとありますが、会計に特化するのであれば日商簿記や全経簿記の2級は必須です。

利害関係者に情報を提供することを目的としている財務会計と、経営管理に対して有効な情報を分析する基礎となる管理会計に分かれるからこそ、2級の知識が必要になるということなのです。
この違いが理解できていないと、簿記という資格を活かすことにはなりませんのでその点を把握してアピールするようにしましょう。

FP2級も有利と言われますが、会計分野ではあまり役に立たないでしょう。
資産情報分析やライフプランといった分野に特化しているのであれば有効ですが、どちらかといえば外向きであり営業活動に有効な能力になるからです。

IT系

IT業界は、比較的資格は重要視されない傾向があります。

それ以上に能力を重要視する傾向が強く、あくまでも能力としての最低担保としてしかとらえていない業種であると考えておきましょう。
逆に、事務会計ということであればITの資格は有効で、営業職でも持っていることがプラスになることも。

IT業界の場合には、最低限基本情報技術者は取っておいた方がいいですね。

また、実際の業務に活かせる資格としては、マイクロソフト・オフィス・スペシャリストです。
IT業界で資格をアピールしたいのであれば、4分野以上取得してマスターぐらいはとらなければいけません。

参考HP◆マイクロソフトオフィススペシャリスト|MOS公式サイト

それでも、その程度は当たり前といわれることがほとんどですので、それに加えて実務経験やどう仕事に活かせるかという点をアピールする必要があります。

運送・物流系

大型トラックやタクシードライバーのように、大型車やお客さんを乗せる車に関しては、普通免許で運転することができません。
車を運転を生業とする業界で働く際は、二種免許や大型免許といった資格が必須となります。

ただし、昨今は運送業界やタクシー業界の人手不足が著しく、人材確保に奔走している企業が多く見受けられます。
そのため、運送業界やタクシー業界では、企業の福利厚生制度によって資格取得をサポートしてくれるケースが多く、これらの企業においては資格を持っていなくても採用されやすくなっています。

この業界に関しては、就職後に資格を取得してキャリアアップを目指すことも十分可能ですし、未経験と経験者で比較すれば、よほど素行の悪い人でもない限り資格を持っている経験者が優遇される傾向があります。

また、タクシーの運転が可能となる普通第二種免許は、一般的な運転免許と比べて取得条件や試験内容が異なる点に注意しましょう。
東京都・神奈川県・大阪府エリアでタクシー運転手として働く場合には、普通二種免許の他に地理試験合格も必須となっています。

参考HP◆タクシー運転手になる資格を徹底紹介!|ドライバーズワーク

このように、特定の車両を運転する際に必要な資格や条件が異なりますので、就職を希望する際は確認するようにしましょう。

語学系

語学系の仕事の場合は、どの程度語学力を求められるかで異なります。

TOEICのように、一定スコア以上の語学力が求められることもあったり、実用英語技能検定はアピールできるのが最低限2級という場合が多いです。
それ以下は、評価対象にならないことが多いので、記載は控えたほうがいいでしょう。

更に高い語学力を求める場合、TOEICとセットで国連英検やTOFELがあるといいですね。
特に、外交関係や外資系企業で仕事をするためには、まず語学力がないと話になりません。

また、資格の有無と実務ができるかどうかは別の問題ですから、語学力を活かしてどこまで自分が仕事で貢献できるのかという点をアピールすることが重要です。

資格というのは、あくまでもひとつの参考項目に過ぎません。
大切なのは、一生懸命勉強して取得した資格をどうアピールするかという点です。

ただ資格を持っていることをアピールするだけではなく、その資格を使って自分がどう活躍することを望んでいるのか、ということを面接などではアピールしましょう。