ファンドマネージャーの仕事

投資のマネジメントを行う、ファンドマネージャー

投資家から依頼をされて、投資のマネジメントを行う仕事が、ファンドマネージャーです。
投資家からの相談を受けて、どんな投資方法がよいのか、どの様な投資方法をすれば良いのか等、投資家の状況を下にアドバイスし、マネジメントしていくのが、ファンドマネージャーの仕事になります。
投資信託会社に勤めながらファンドマネージャーをしている方もいれば、フリーとして働くファンドマネージャーまで、働き方はその人によっても異なるでしょう。

ファンドマネージャーは、ただ投資に関してのアドバイスをするだけではなく、実際に投資家からお金を預かって、それを投資として活用すると言う所にあります。
投資家から資金を預かって運用し、そのお金を投資で儲けさせることが、真のファンドマネージャーと言えるでしょう。
いわゆる投資家がスポンサーとなってファンドマネージャーにお金を預け、そのお金を、出来るだけ多く増えるように運用し、その売り上げから一部を引いたものが、お給金となる場合も多いのです。

その結果、年収が1億円を超えるようなファンドマネージャーもいれば、中堅レベルのファンドマネージャーでも、1千万円前後の年収をゲットしている方も多いでしょう。
結果をだせるかどうかが、ファンドマネージャーの非常に重要なポイントになります。

投資に関する幅広い知識が必須となる仕事です

ファンドマネージャーは、預かった資金を運用し、実際に膨らませることが仕事になりますので、当然ながら、投資に関する幅広い知識が必要となります。
不動産を始め、株式など、各種投資に関して深い知識が無いと、ファンドマネージャーとして働く事は出来ないと言えるでしょう。

また、全面的にお任せしてくれる投資家であればまだ良いですが、お客様によっては、当然、どんな事にお金を使うのか、きちんと納得した状態でしかお金を預けないと言う方もたくさんいます。
こうした方に納得してもらえるように、きちんと説明する、説明能力も必要となるのが、ファンドマネージャーの大きな特徴です。
お客様によっても、マネージメントの内容を大きく変えていかないといけませんので、臨機応変に対応する能力も重要になるでしょう。

完全結果主義の仕事

ファンドマネージャーは、お客様からお金をお預かりする以上、信頼を壊すような事があってはいけません。
投資に絶対という事は有りませんが、全てのお金を溶かしてしまったというような事態になっては、ファンドマネージャーとして失格と言えるでしょう。
お客様からお預かりする以上、責任を持って自分のお金のように扱い、少しでも利率が上がるように勤める事が、ファンドマネージャーの最大の仕事です。