作業療法士の仕事

リハビリを行い患者さんを支える、作業療法士

病気やケガなどをしてしまい、日常生活に不自由さを抱える患者さんに対して、医師の指導の下リハビリを行っていくのが、作業療法士の仕事になります。
リハビリでは、日常生活における必要な能力を訓練、指導を行って行き、患者さん一人一人が、自立した生活を送れるように、少しずつサポートをしていくのが特徴です。

医療関係者として従事する作業療法士ですが、中でもリハビリにおいて、精神的、肉体的な部分のサポートを行って行きます。
足が不自由な患者さんの歩行訓練を行う、関節を動かしてマッサージを行う等を始め、精神的に障害を抱えた方と面談し、気分転換を行うアプローチを行う等、各種リハビリを行うのです。
リハビリ内容は患者さんによって大きく異なり、その人に合わせたリハビリプランを行っていく事で、少しずつ体調改善、社会復帰への一歩を踏み出すお手伝いを出来るでしょう。

食事や排泄、入浴などの、日常生活をする時に必要な基本的動作を始め、炊事洗濯などの家事に至るまで、少しずつリハビリを通じて訓練をしていくことも、作業療法士の特徴です。
ただルーティンに、マニュアル通りのリハビリでは無く、一人一人に合わせたリハビリプランを積極的に行っていく事が、作業療法士の魅力になります。

根気強さと丁寧さが大切

作業療法士は、一人一人に合わせたリハビリプランを練っていきますが、当然、計画通りにいかない事の方が多く、その都度、患者さんの状態に合わせて、無理の無いプランを練り直す必要があります。
そうした臨機応変に対応する能力はもちろんの事、患者さん1人1人にしっかりと向き合う根気強さ、そして、丁寧な対応力が、必要不可欠になると言えるでしょう。

根気強さと丁寧さは特に重要です。
作業療法士の仕事は、適当な仕事をした瞬間、患者さんに危険が及びます。
そうならないためにも、一人一人としっかりと向き合うために、根気強さと丁寧さは重要なポイントになると言えるでしょう。

日常的な訓練を取り入れる発想の豊かさも大切

作業療法士の仕事は、いわゆる歩行訓練などのリハビリ的動作よりも、日常的な動作を組み合わせることで行う、リハビリ療法が多い点が特徴です。
洗濯物を干す動作や、箸でご飯を食べる動作、また、体操や書道、将棋など、楽しみながら行なえるようなものも取り入れて、その人に合わせて自然と行なえる動作を大切に、リハビリをしていきます。

こうした日常生活での動きを中心にリハビリをする事で、応用力を身につけ、精神的にもリラックスしながら、徐々に回復に向かっていくことが出来るでしょう。
患者さんも楽しみながらリハビリを続けられる方法を見つけて行くという点が、作業療法士の一番の仕事と言えるのです。