獣医師の仕事

ペットの安全や健康を守る、獣医師のお仕事

犬や猫などを始め、各種動物たちの健康を守る、動物たちのお医者さんとして知られているのが、獣医師です。
動物の生態を細かく学び、動物たちの事をよく理解して居る存在として、動物たちの健康面や安全面を守ると同時に、各種治療、飼主さんへのアドバイスを行い、ペットたちをサポートしていきます。

獣医師が行う仕事内容には色々とあり、健康診断や治療、手術や動物たちの予防接種、投薬治療に各種しつけや、相談、トリミングに至るまで、有りとあらゆる事を仕事としているのが特徴です。
仕事内容は獣医師によっても異なりますが、各種ペットの健康面をトータル的にサポートし、飼主さんへの指導を行って、動物たちの健康と安全を守っていくのです。
正に動物たちの強い味方、飼主さん達の救世主として、ペットと飼主をサポートしていきます。

また、獣医師によって見られる動物も異なるのが特徴です。
犬猫など大型動物専門の病院もあれば、インコやウサギ、ハムスターなどの小型動物を見られる病院もあり、中には、耳鼻科や歯医者、外科や皮膚科など、各種専門病院も存在します。
獣医としてどの様な働き方をしたいのかによって、より学ぶベき事柄も変わって来るのが、獣医師の特徴と言えるでしょう。

獣医師としての資格以外にも必要なものがある

獣医師として働く為には、獣医師の国家資格を取得する必要があります。
獣医学課程のある大学で6年間学ぶ事で受験資格を得られますので、各種専門学校や大学などで、獣医に関する基本的な知識、技術を学んだ上で、試験に臨んでいくのです。

また資格以外にも、必要となる事がいくつかあります。
一番重要なのは、動物を愛する心です。

獣医師は、人間と違って、言葉で意思疎通が出来ない動物たちの体調不良などを察知して、日々診察や治療を行っていく必要があります。
その為、一つ一つの違いも敏感に察する能力が必要で、その為には、きちんと日頃から動物たちを見ておかないといけないでしょう。
義務的に見るのでは無く、愛の有る心で見るからこそ、動物たちのちょっとした変化も感じ取る事が出来ますので、獣医師にとって、動物たちを愛する心は必要不可欠になります。

また、専門的な知識を学ぶだけでは無く、トータル的に知識があるに超した事はありません。
トリミングや爪の切り方、しつけの方法に至るまで、動物に関する基本的知識を持っていないと、飼主さんの相談に乗ることが出来ず、獣医としての信用を失うことに繋がります。
ただ治せば良い、ただ診察すれば良い、と言うわけでは無く、飼主さんの悩みとも向き合うためにも、日頃から有りとあらゆる知識を学び続ける事が大切です。