ジャーナリストの仕事

真実を追究し追い求める、ジャーナリスト

ニュースや特定の話題を深く追求し、真実を追い求めたり、違う側面から物事を人々に伝える仕事を行って居るのが、ジャーナリストです。
政治や経済、スポーツに文化など、有りとあらゆるジャンルのジャーナリストがいますが、いずれもそれぞれ様々な知識が必要なため、いずれかのジャンルを専門的にしている方も珍しくありません。
様々なジャンルを深く追求し、追求した内容を記事にして、一般の読者に伝えることが、ジャーナリストの仕事になります。

ジャーナリストは専門的分野において、日頃から様々な知識、引き出しを持って居るのが特徴です。
政治ジャーナリストの場合は、新聞やテレビ、インターネットなど、日頃から様々な情報源を利用して政治の知識を集め、更にその中から記事なりそうなネタを集め、取材し、解説を書いていくことが仕事です。
また、独自路線で入手したスクープを、極秘に追い求めると言うようなジャーナリストも多く、センセーショナルな記事を世に発症するというジャーナリストもいるでしょう。

各種専門的知識や、インタビュー能力も必要

ジャーナリストはそれぞれ専門の分野において、専門的知識を持っている事が一番の条件になります。
いずれの分野も、有る程度情報を事前に仕入れておかないと、上手く情報を集められず、情報をまとめられなくなる可能性が高いでしょう。

また、各種専門家に会う際など、インタビュー能力が無いと、必要な情報を集めることが出来ませんので、インタビュー能力は必須です。
自分が聞きたい情報だけを聞くだけではインタビューは上手くいかないため、相手が気に入りそうな話題を振ったり、相手の人間性に合わせて会話の方法を変えたりと、高い会話術も求められるでしょう。
こちらはジャーナリストによっても異なりますが、いずれにせよ、高いインタビュー能力が必要になることに変わりはありませんので、日頃から会話力、人を見る能力を身につける必要があります。

執筆能力も重要なスキル

ジャーナリストは、集めた情報を世に公表し、伝えていくまでが仕事です。
せっかく情報を集めたにもかかわらず、執筆能力、文章能力が無いため、情報をきちんと伝えることが出来ないのでは、意味がありません。
集めた情報を無駄にしないためにも、ジャーナリストには、高い文章能力、執筆能力も求められるでしょう。

実は文章能力はジャーナリストにとって特に重要なポイントです。
相手に伝わる文章を書くことは勿論ですが、書き方1つ変えるだけで、同じ事を書く際に、好意的にも悪意的にも伝わります。
自分はそんなつもりが無かったというように伝わる可能性もありますので、十分注意が必要なのです。